News & Topicsお知らせ

【活動報告】「Food Activist Fair 2021」開催

2021.7.10〜11の2日間にわたって、田中愛子が代表を務める「Food Activist Organization Japan(日本フードアクティビスト協会)」主催のイベント「Food Activist Fair2021」を開催しました。地球のための農法・生産方法にこだわるハーブや塩、醤油の生産者、料理教室の主宰者、観光のスペシャリスト、カフェ経営者、ホテル経営者など…様々な分野で「食」に関わる方々をはじめ、積極的に食に関して幅広く勉強に取り組む多くのフードアクティビストの皆様にお集まりいただきました。

7/10 昼の部:Lunch Gathering

フードアクティビスト・メンバーによるプレゼンタイムでは、それぞれの取り組みについてスライド資料を交えながら詳しく発表いただきました。ランチには地球のためのスペシャルメニュー。参加者が持ち寄った物販ブースも盛り上がりました。大阪フィルハーモニー交響楽団所属のチェロ奏者 庄司拓氏によるミニライブも。(場所:ハートンホテル西梅田 B1F「ガーデンキッチン」

<Special Lunch Menu>
十和田短角牛 プラネタリーハンバーガー
青森県十和田産 Planet-Friendly Towada Short Horn Beef を使用。農家自家製の飼料と八甲田山の澄んだ湧水のみで飼育されたグラスフェッド・ビーフです。パンは大阪「フードスケープ」特製の食材にこだわった無添加バンズを使用。ビーフの旨味が詰まった短角牛のパテを野菜たっぷりの特製ソースで絡めて。柔らかなバンズとのバランスが絶妙のおいしさ。

<Dessert Plate>
・泉佐野「seed」エシカルチーズケーキ
・箕面滝道「YUZUYA」Minoh Sweet LITTLE TREASURE
チョコレートソムリエ・札谷加奈子セレクト「エリタージュ」チョコレート(ベトナム産カカオ)
・心斎橋「HOTEL MORNING BOX」考案 NYヘルシーバー

<Drink>
・青森「CONSE FARM」4種のミントティー
・大阪・Organic Foods Store「SOKO」瀬戸内レモンのレモネード

<Table Tasting>
・和歌山「湯浅醤油」 魯山人九曜むらさき柚子梅つゆ
・奈良「吉野本葛天極堂」 葛乳酸菌ヨーグルトセット
・新大阪「Herb kitchen」 特製瀬戸内レモネード
・石川県能登「Ante.」 揚げ浜式製塩法の塩

7/10 夜の部:Food Activist Gathering

田中愛子邸のガーデンでギャザリング・パーティー。お野菜やハーブに囲まれながらファームトゥーテーブルを実感するスペシャルメニューを楽しみました。(場所:田中愛子邸ガーデン)

<Garden Dinner>
フランエレガン特製BOX

 短角牛のグラタン/とうもろこしと枝豆ご飯/ローストポークニンニク柚子味噌野菜
 ハーブエビチリ/煮卵・人参シリシリ・紫キャベツ/マンゴープリン
・YUZUYA SUSHIと小栄商店の小笠原エツコさんの発酵食品コラボ
中津ブルワリーのクラフトビール
・フードロス専門店「Minori-O」の果物の盛り合わせ
・Organic Foods Store
SOKO の瀬戸レモンを使ったレモネード

7/11 昼の部:Food Activist Symposium

豪華ゲストを迎え、「地球と食と私たちの暮らし」をテーマとしたシンポジウムを開催。(場所:ハートンホテル西梅田 B1F「ガーデンキッチン」

1部:サステナブルな社会の実現を目指して>
Guest Speaker
1:足立直樹株式会社レスポンスアビリティ代表取締役/サステナブルビジネスプロデューサー)
東京大学卒、元生態学者。30年以上、多くの先進企業に「真に持続可能な企業になるため」のコンサルティングを行う。特に企業による生物多様性の保全とCSR調達(サプライチェーン・マネジメント)を専門とする。

Guest Speaker2:高津玉枝(フェアトレード第一人者/「LOVE&SENCE」経営)
1990年代後半にフェアトレードの概念に出会い、2006年「持続可能な世の中に向けて行動する人を増やすこと」をミッションに株式会社福市を設立。世界のフェアトレード商品を扱うセレクトショップ「Love&sense」を立ち上げ、阪急百貨店うめだ本店に出店。2015年からは京都市のイノベーションキュレーター塾の塾長を務める。

2部「食と地方創生と暮らし」
Guest Speaker:巽好幸
ジオリブ研究所所長/地球科学者/「美食地質学」提唱者)
京都大学総合人間学部教授、同大学院理学研究科教授、東京大学海洋研究所教授、神戸大学海洋底探査センター教授などを経て2021年からは現職に。地球の進化や超巨大噴火のメカニズムを「マグマ学」の視点で考える。そして「料理」と「地質」を組み合わせることで日本列島の成り立ちと日本の食材を知るための「美食地質学」を提唱している。

Guest Speaker4:小野田金司大阪観光大学教授/十和田奥入瀬観光機構理事長)
近畿日本ツーリスト株式会社を経て2007年より神戸山手大学副学長、2019年より大阪観光大学教授に。観光人材育成、インバウンド観光が専門分野。2013年より文科省、観光庁の社会人対象の観光人材育成事業のプロジェクトリーダーを担当。現在は青森県の地域DMO十和田奥入瀬観光機構の理事長を務める。

<Special Lunch Menu>
ハートンホテル 特製ファーマーズランチ
食前酢として、箕面”未生の柚子”のフルーツ酢

<Dessert Plate/Drink/Table Tasting>
1日目と同様

<物販ブース>
こちらも1日目に引き続き、盛況でした。
・新大阪「Herb Kitchen」(Organic Foods Store「SOKO」の瀬戸レモン、播州地鶏の卵など)
・フードロス専門店「Minori-O(ミノリオ)」/フードロス野菜、果実の販売
・中津のマイクロブルワリー「Nakatsu brewery
・奈良 吉野本葛「天極堂」/ヨーグルト葛乳酸菌、吉野本葛(粉末)
HOTEL MORNING BOX/NYクロレラプロテインバー
・和歌山「湯浅醤油」/醤油各種
・石川県能登「Ante.」/揚浜式製法塩のテーブルソルトなど
食卓の上のフィロソフィー オリジナルトートバッグ
十和田奥入瀬観光機構
SANLAI山來/木糸で作ったミニトートバッグ
リールのパン/歯医者が考案した「もぐもぐパン
たくさんの方に協力いただきました。ありがとうございました!

{Special Thanks} 2日間、協力いただいた皆さま

株式会社Ante.(石川県能登/揚浜式の塩)
株式会社キッチンカンバセーション(田中愛子が主宰するフード・シンクタンク)
小栄商店(青森県十和田市/発酵食品など)
ハーブのコンセ CONSE FARM(青森県おいらせ町/ハーブ農家)
山來SANLAI(京都/木糸で織られた布マスク
CHEESECAKE LABO seed(泉佐野/エシカルチーズケーキ)
Organic Foods Store SOKO(オーガニックレモン・蜂蜜の販売など)
吉野本葛 天極堂(奈良/吉野本葛などの製造・販売など)
Tomoé Saveur/チョコレートソムリエ・札谷加奈子(さつたにかなこ)
一般社団法人 十和田奥入瀬観光機構(青森県/観光)
中津ブルワリー(大阪中津/マイクロブルワリー)
ハートンホテル西梅田(大阪/ホテル)
Herb kitchen(新大阪/カフェ)
Franc et élégant(大阪府箕面市/フレンチレストラン)
HOTEL MORNING BOX(大阪/ホテル)
フードロス専門店 Minori-O(大阪/フードロス野菜・果実の移動販売)
湯浅醤油(和歌山/醤油の製造・販売)
YUZUYA(大阪府箕面市/実生の柚子を使った料理・スイーツの提案、カフェ)
Love & sense 阪急うめだ本店(大阪/フェアトレードのセレクトショップ)
リールのパン(大阪府摂津市/歯医者さんが考案した「もぐもぐパン」)

アーカイブ動画(7/10 昼の部)

Food Activist Fairを振り返って【動画】

https://www.instagram.com/tv/CRUW6nWhs1H/?utm_source=ig_web_copy_link


【活動報告】国際学会「Association for Studies of Food and Society 」主催のシンポジウムで発表しました

2021年6月9日〜15日に開催された国際的なシンポジウム※にて、青森十和田の発酵とジビエ肉の話題を発表しました。 主催者とご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました!

※アメリカを拠点にした食と社会の研究学会「Association for the Study of Food and Society (ASFS)」ほか、「 Agriculture, Food, and Human Values Society (AFHVS) 」「 Canadian Association for Food Studies (CAFS)」「Society for the Anthropology of Food and Nutrition (SAFN)」が共同催したシンポジウムです。

Another successful symposium is behind us! At this year’s ASFS/AFHVS and CAFD/SAFN joint conference on food studies Aiko Tanaka presented on the topic of fermentation and game meat in the remote Japanese city of Towada in Aomori. A big thank you to the organizers and all who presented!

田中愛子コメント「青森十和田での食の体験は大変興味深く、充実の学びが多いものでした。私自身が大阪で育ち大阪で住んで大阪を中心に食を見ていたんだなぁと感じりました!十和田の人たちとのあたたかなお付き合いも感謝です。今回は New York University とCIA Culinary institute of America がホストされている「ASFS (Association for Studies of Food and Society) 」という大きな学会。Zoomでの参加ですが、世界に発信できることは幸せでした!」

Association for Studies of Food and Society 
2021 Conference Information
https://www.food-culture.org/conference/


発表の際に使用したスライドショーをYoutubeで見ることができます。
青森県十和田の美しい景色をお楽しみください。
https://youtu.be/wBcmZ7OcypY

「食育について考える」動画をアップしました!

田中愛子が主催する「フードアクティビストのためのオンライン講座」、
次回vol.6のテーマは「食育について考える」。

このvol.6からは「フードアクティビストの役割」というテーマに沿って
食に関する活動されているゲストをお呼びし、授業を展開します。
ゲスト第一弾は、食育のスペシャリストであり、文化人類学者でもあるSteve Nussbaum氏をお招きします!
詳しいことは予告動画をYoutubeにアップいたしましたので、ぜひご覧ください。

▶︎フードアクティビストの役割①〜食育について考える〜(ゲスト:スティーブ・ヌスバウム氏)

セミナーお申し込みは公式サイトまで▶︎https://foodactivist.jp

【活動報告】ロンドン大学高等研究所主催「Food History Seminar」で発表しました

2021年5月27日、オンラインで行われた国際学会で、田中愛子が日本食について発表しました。

Food History Seminar
(公式サイト)https://www.history.ac.uk/seminars/food-history
(Twitter)https://twitter.com/IHR_FoodHist
(田中愛子紹介ページ)https://www.history.ac.uk/events/influence-seasons-japanese-table

日本からの発表は初めてのことで、とても歓迎していただきました。
発表テーマは、日本の食の基礎知識。
「The Influence of the Seasons on the Japanese Table」
(季節が日本の食卓に与える影響)と題しました。

質問もたくさんいただくなど、
世界の学者の方々と繋がる貴重な機会となりました。

発表の様子は、主催者のYoutubeチャンネルに全編アップされています。
ご興味のある方は下記からぜひご覧ください。

今回の発表は、アシスタントのAramaと二人三脚で準備しました。
デスカッションしながら取り組むこの、学びの時間はとても有意義なもの。
Aramaには感謝です。これからも私たちの活動は続いていきます。

「フードアクティビストの役割」動画をアップしました

田中愛子が主催する「フードアクティビストのためのオンライン講座」
次回vol.5のテーマは「フードアクティビストの役割」。

全20回あるカリキュラムの4分の1が終了する区切りの回。
総括的な内容になります。予告動画は、愛子先生のお庭からお届け。
ぜひご覧くださいね。

次々回のvol.6からは新しいタームに突入!みなさまの参加をお待ちしています。

セミナーお申し込みは公式サイトまで▶︎https://foodactivist.jp

いちょうカレッジ・入門科「大阪のまち・文化コース」に登壇します(5/25申込み〆切)

大阪市生涯学習センター「いちょうカレッジ」の講座に登壇します。大阪在住orお勤めの方はぜひご応募ください。(無料&抽選制でご参加いただけます)


いちょうカレッジ入門科「大阪のまち・文化コース」

<日時>
2021年6月9日~6月30日 毎週水曜日
10:00~12:00 全4回

<テーマ/講演者>
第1回:近代大阪のまちづくりとアート/橋爪節也(大阪大学総合学術博物館前館長)
第2回:大阪の「食」のあれこれ/田中愛子(内閣府官民連携FSRI代表)
第3回:落語名所四方山噺/狐狸窟彦兵衛(上方噺研究家)
第4回:大阪弁の美学/前垣和義(大阪研究家)

<イベント詳細>
https://osakademanabu.com/umeda/archives/9983

<申し込みURL>
https://www.manabi.city.osaka.lg.jp/yoyaku/ChusenMoshikomi.html?jigyo_cd=70614
※はがき・FAX・来館での申し込みも可能です

<お問い合わせ先>
大阪市立総合生涯学習センター
企画推進課
☎︎06-6345-5004

“ハートンホテル×食卓の上のフィロソフィー”から生まれた新プロジェクトがスタート!

2021年4月12日にスタートした「ハートンホテル」の「エイチ・キューブ」プロジェクト。田中愛子が掲げる「食卓の上のフィロソフィー」に共鳴していただき、誕生したプロジェクトです。
詳細は下記サイトをご覧ください。

▶︎ハートンホテルが提案する、豊かな食ライフスタイル【エイチ・キューブ】プロジェクトhttps://www.hearton.co.jp/topics/all/202104123191

▶︎【 ハートンホテルが実践する「エイチ・キューブ」プロジェクト 】スタイルブック
https://www.hearton.co.jp/wp-content/uploads/2020/11/style_book.pdf

Podcast番組「シカヘデケロ ぬ」にゲスト出演

音声配信サービス「Podcast(ポッドキャスト)」の番組。田中愛子がゲスト出演のシリーズ全4回の完結編が配信されました!

青森県‪おいらせ町のハーブ‬園「CONSE FARM」の赤石英二さん(えいちゃん)がメインパーソナリティを務める番組「シカへデケロぬ」。

はじめに、フードスタディーズの観点から取り組むSDGsについてお話。第94回冒頭では赤石さんの言葉で食育のフィロソフィーについて、紹介していただいてます✨それから、ニューヨーク五番街のレストランで「よく訴えられた」エピソードや海外での経験をトーク😊さらに、青森県では個人の精肉店が多くてそこでのラインナップに驚いた話や、土で育てるハーブを手がけるコンセさんの取り組みの珍しさについてなどなど・・・。

そしてラスト第96回での話題は「フードアクティビスト」。なぜ今アクティビストとして発信するの?どうして今、それが必要なのか?というところのお話をしています。

「難しく聞こえるけど実は当たり前のことだよね・・」と赤石さんが、リスナーさんとの橋渡しをしてくれる中、じっくりお話することができました✨

——————–
農と食の雑談PODCAST
「シカヘデケロぬ」
第93回 フードスタディ談
第94回 文化の違いとフィロソフィー談
第95回 青森南部の食 談
第96回 フードアクティビスト 談
ゲスト:田中愛子

▼ご視聴は下記リンクから
🎧Apple Podcast
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%83%98%E3%83%87%E3%82%B1%E3%83%AD-%E3%81%AC/id1554601233#episodeGuid=0e250f6f-8e4c-45b6-9b18-b6d7fefab77c…

🎧Anchor、その他
https://anchor.fm/shikahedekero/episodes/93-esp99p

メインパーソナリティ赤石英二さんが運営する
「CONSE FARM」ついてはこちら
https://www.consefarm.com

Youtube番組「Food Activist Club」スタート

いよいよ来週!4月1日にスタートする
フードアクティビストのセミナー開講にむけて、
新しくYouTube番組をはじめました!

Food Activist Club #01フードアクティビストって何ですか?

▶︎Food Activist Organization Japan
 公式ホームページ http://foodactivist.jp

「Food Activist Org .Japan」4月1日スタート

田中愛子が立ち上げた「Food Activist Org.Japan(フードアクティビストオーガニゼーションジャパン)」が4月1日よりスタートします。

Food Activist Org.Japan 公式ホームページ
http://foodactivist.jp

「フードアクティビストってどんな人々?」という
疑問に答える12項目
(「毎日お料理をする人」「エシカルな食べ方を実践している人」
「食について教える人、伝える人」などなど…)を紹介するほか、
この組織のコンセプトを語る、田中愛子からのメッセージも掲載しています。

また、プロジェクトの第一弾として、
4月1日からZoomセミナーが始まります。
全20回にわたる学びのカリキュラム(単発受講可)をご用意していますので、
詳しくはサイトをご覧くださいね。
皆様のご参加をお待ちしております。

<動画紹介>Gustolab International Japan 留学生から見た日本

「Gustolab International Japan」の留学生が
日本での研修プログラムで感じたこと、発信したいと思ったことを
自主制作動画にして届けてくれました!

和歌山県湯浅町 湯浅醤油 湯浅醤油丸新本家
たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
Sustainable wholesale market in Osaka, Japan(大阪市浪速区敷津東:木津市場)



これらは2019年に実施された「Gustolab International Japan」
研修プログラムを体験した留学生によるものです。

これらのプログラムについて、
田中愛子がカリキュラムの提案から携わり、
現場でのアテンドも行いました。
「日本の文化を知りたい!」という熱意を持った留学生と
交流することは、こちらも良い刺激になる経験です。


GustoLab International(GLI)とは、イタリア・ローマに本拠地を置く「Food and Sustainability studies」の、アカデミックネットワークとフィールドワークプログラムに特化した教育機関。未来と持続可能な地球のための献身を基軸にしています。

既に世界の20の大学と提携し、1,000人を超える研究者や学生に対して、アカデミックプログラムやフィールドワーク、授業をデザインし、国際的な交流を通じて学びの場を提供しています。日本、韓国、ベトナム、そしてアフリカへと活動を広げ、「食」を通して持続可能な地球のために、私たちの未来のための学問的交流と研究者や学生のサポートを続けています。




「SDGsのためのフードスタディーズ研究会」レポート

「SDGsのためのフードスタディーズ研究会」で講演しました(2021.2.25)

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム主催
「SDGs のためのフードスタディーズ研究会(第一回)」を無事に終えました。
3年の年月をかけてやっと一回目の研究会を終え、
たくさんの方々のご参加を頂き感謝いっぱいです。
先ず第一歩!

これから皆様のご協力を得て、研究会を活発化し、
世界に発進していきたいと願っています♪
一般社団法人未来投資研究所のご支援とご理解があればこそです、
ありがとうございました😊

今日も春を告げるやさしい雨が降っています、春は旅立ちの時。
心引き締めて又一歩前を向いて歩きましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会が開催する
オンライン講演会「SDGsのためのフードスタディーズ研究会」で
講演しました。

第一部の講義テーマは「フードスタディーズとFSRI(Food Studies for SDGs research Institute)の役割」。
田中愛子がフードスタディーズについてお話しさせていただきました。

第二部では菊正宗酒造株式会社取締役会長の嘉納毅人氏による講義
「公邸料理人の利活用(飲食店の優秀な後継者の育成)」が展開されました。講義後、フードスタディーズの視点で田中愛子もコメント。

たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

<主催者>
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会
https://future-city.go.jp/platform/session/detail_n002.html

<Special thanks>
SDGs未来投資研究所
https://japan-sdgs.or.jp

「Gustolab International Japan zoom party」レポート

「Gustolab International Japan zoom party」開催 (2021.2.22)

「GustoLab International Japan」の2018〜2019年生が集結し、オンラインで近況を報告し合ったZoom party。それぞれアメリカ、カナダ、シンガポール、エチオピアから参加してくれました!お互いにどんな1年を過ごしたのかを語り合うひととき。みんなが元気でよかったです。

I am very happy to see you everybody ❣️

GustoLab International(GLI)とは、イタリア・ローマに本拠地を置く「Food and Sustainability studies」の、アカデミックネットワークとフィールドワークプログラムに特化した教育機関。未来と持続可能な地球のための献身を基軸にしています。

既に世界の20の大学と提携し、1,000人を超える研究者や学生に対して、アカデミックプログラムやフィールドワーク、授業をデザインし、国際的な交流を通じて学びの場を提供しています。日本、韓国、ベトナム、そしてアフリカへと活動を広げ、「食」を通して持続可能な地球のために、私たちの未来のための学問的交流と研究者や学生のサポートを続けています。

今回は、田中愛子がカリキュラム提案や現地でのアテンドに携わった、2018&2019年の留学生との久しぶりの同窓会でした。

「日本フードツーリズム学会 第3回研究大会」レポート

「日本フードツーリズム学会 第3回研究大会」で講演しました(2021.2.20)

日本フードツーリズムが主催するオンライン学会「日本フードツーリズム学会 第3回研究大会」に特別講師として登壇しました。

講義のテーマは「フードスタディーズとツーリズム」。フードスタディーズとは、グローバル化する食のサスティナビリティーを学際的な立場で議論する新しい学問体系であり、その学びが新しい観光資源を導くことになるというお話をさせていただきました。

途中インターネットに支障があり、冷や汗たらたら・・・でしたが、
無事にセミナーを終えることができて一安心!
メンバーの方々の発表も中々面白く興味深いものがありました。
いろんな方面からのお誘いやらお話しをいただき感謝です。

「Life is going on ‼️ Make life rich like chocolate cake ❣️」

人生は刻を刻まず進んでる
そんな人生、チョコレートケーキのようなゆたかな味にしましょう!

「輝く女性のためのシンポジウム SDGsを身近に実践 ~食を通じて実践するSDGs~」レポート

「第6回 輝く女性のためのシンポジウム SDGsを身近に実践 ~食を通じて実践するSDGs~」 で講演しました。(2021.2.19)

「一般社団法人 女性と地域活性推進機構 WAO」主催(後援:近畿経済産業局/大阪商工会議所のオンラインシンポジウム「第6回輝く女性のためのシンポジウム」に特別講師として登壇しました。たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。

講義のテーマは「私の食卓からの革命 ~フードスタディーズの学び~」。環境や食について声を上げ、革命を起こしてきた著名人には女性が多い傾向にあることに触れながら、フードスタディーズについてお話しさせていただきました。ディスカッションの時間もあり、参加者の皆様の関心を強く感じることのできるシンポジウムでした。素敵な機会をありがとうございました。

1 2
PAGE TOP